FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奪われる

的確に私の身体を知りつくした彼が 
欲しいところに欲しいだけの縄をかける 
宙を舞ながら、恍惚としていると 
回転を止められ、足にジリジリとした痛みが迫ってきた 
ほてりすぎた私の感覚は、混乱を極めて、蝋燭の熱さだということになかなか気付かなかった。 

確かめようと足のほうを必死に見るても、自分の身体が邪魔で見えない。 



熱さと痛みに、何故かあちこちが敏感になり、はしたない声が漏れる。 



地に戻され、縄を解かれ、私は縄にしがみつく。



充分に縄の匂いに酔いしれたのを見計らって、彼は私から縄を奪った。 




厭味のように、ゆっくりゆっくりと一本ずつ奪っていく。 



身体を這っていく縄の感覚に、余計にとろけていく私の脳は、 
縄に奪われすぎている。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆悠 はるか☆

Author:☆悠 はるか☆
現実、妄想、過去を織り交ぜて書いていきます

SM 妄想 セックス 恋 快感 詩 散文 縄 

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。